乳酸菌の種類と効果

前へ
次へ

植物系の乳酸菌

植物系の乳酸菌は、主に野菜や豆・米などの植物のもとに息づきます。
植物に含まれるブドウ糖・ショ糖・果糖などの様々な糖類を餌にし、発酵させます。
そもそも乳酸菌というのは、糖を餌としており、発酵の過程を経て、乳酸を多く生成する細菌類のことです。

その中でも特に植物に生息するものを、植物系の乳酸菌として扱います。
しかし植物系というのは正式な名称や学名ではなく、便宜上そう呼ばれているだけです。
単純に植物に生息する乳酸菌だから植物系乳酸菌というのです。
日本は古くから植物系の乳酸菌を利用してきています。
野菜を発酵させれば漬物、大豆なら味噌や醤油、米なら日本酒など、様々な食品の製造に植物系乳酸菌は役立っているのです。
国外で植物性の乳酸菌を使用している料理なら、韓国のキムチや、中国のザーサイが有名です。
野菜や果物を使ったインドのチャツネというソースや、ヨーロッパ方面ではサワーブレッドという塩漬けのキャベツなどもあります。

植物性の乳酸菌は、様々な環境で、様々な植物のもとで生育します。
どんな場所にも分布できるのは、植物系の乳酸菌が非常にタフであり、環境への適応能力が高いことを示しています。
例えば漬物などは非常に塩分が濃いうえ、製造過程で塩分濃度が変化しますが、植物系乳酸菌はその中でも生存し続けます。
糖分にも同じことが言え、濃淡は問題にならずに息づくのです。
人間の体内に入っても、胃酸や胆汁など酸性の消化酵素の力でも、分解されることはありません。
そのため植物系の乳酸菌は生きたまま腸内に届けられます。
植物系乳酸菌は環境の苛烈さに強いうえ、他の細菌と共存することも可能です。

人間の腸内細菌は、9割以上を善玉菌であるビフィズス菌が占めています。
植物系の乳酸菌はこのビフィズス菌の働きを補助し、増殖させるのです。
そしてビフィズス菌が増えると大腸菌などの悪玉菌が減少します。
善玉菌が増えることによって腸内フローラが上質になり、腸は正しく整えられます。

ページのトップへ戻る