乳酸菌の種類と効果

前へ
次へ

動物系の乳酸菌

動物系の乳酸菌は、動物の乳(ミルク)の中に息づきます。
そして乳内の乳糖のみを餌として利用しています。
総合的な乳酸菌というのは、糖類を餌として消費・発酵させ、乳酸を一定以上の割合で生成する菌のことをいいます。
その中でも動物の乳に生息するものを、動物系乳酸菌と呼びます。

しかし動物系乳酸菌というのは、化学的にきっちりと分類されたものではなく、利便性を考えてそう呼ばれます。
単に動物の乳を生息場所と餌にしているために、動物性乳酸菌と呼ばれるのです。
動物系乳酸菌はミルクを発酵させることでチーズやヨーグルトなどの乳製品を作り出します。
またバターにも原料のクリームを発酵させたものがあります。

動物系乳酸菌は非常に繊細な菌であり、生育環境には留意が必要です。
動物性乳酸菌が好むのは栄養価が高く、バランスのとれた住みよい環境です。
動物のミルクというのは、生後しばらくそれだけで子供を育てられるように作られた栄養も成分バランスもピカイチな食事ですから、好まれるのも無理はありません。

しかし同じミルクでも、その中で糖濃度に変化が起きると動物系乳酸菌には死活問題になります。
また餌としている乳糖だけでなく、ミネラルやビタミンの供給がなければ生育に問題が生じます。
さらに他の生物との共存はほぼ不可能であり、単一での住環境が必要になります。

動物系乳酸菌は、悪環境や環境の変化に弱いため、経口摂取しても胃酸で死滅する可能性が極めて高いです。
酸性濃度の高い環境では、大多数の動物系乳酸菌が生き残ることが出来ません。
胃酸で分解されたため、腸に届くのは死骸ということになります。
しかし動物系乳酸菌が自らの体内で生成した乳酸には、腸を刺激する力が残っているのです 刺激された腸は、活動が活発になります。

また腸まで届いた死骸は、腸内細菌のうち善玉菌の餌となります。
糧を得た善玉菌が増殖して悪玉菌を減らすことで、腸内環境が整えられるのです。
また動物性乳酸菌の死骸は、免疫力を高めるためにも利用されます。

ページのトップへ戻る