乳酸菌の種類と効果

前へ
次へ

乳酸菌サーモフィルス菌

乳酸菌であるサーモフィルス菌の特徴を見ていきます。

サーモフィルス菌は、ストレプトコッカス属の球形乳酸菌で、正式にはストレプトコッカス・サーモフィルスといいます。
ブルガリア菌と共に、ヨーグルトを作る際のスターターとして頻繁に用いられます。
スターターとは、ヨーグルトを作るための牛乳に最初に入れられる、いわば種のようなものです。
サーモフィルス菌とブルガリア菌が同時に牛乳に入れられると、サーモフィルス菌はまず牛乳のペプチドやアミノ酸を利用して増殖をします。
ペプチドやアミノ酸の代謝物としてサーモフィルス菌がギ酸を作ると、今度はブルガリア菌がギ酸を利用して増殖を開始します。

そしてさらにギ酸の代謝物として、ブルガリア菌はサーモフィルスが利用するペプチドやアミノ酸を生み出すのです。
互いに相手が必要な成分を作り出すことで、どちらも素早く増殖していきます。
乳酸はこの間にも作られているので、加速度的に発酵が進み、少ない時間でヨーグルトが出来上がります。
サーモフィルス菌は牛乳の中で粘性のある多糖類を生成して、ヨーグルトの固さやなめらかさを担っています。

またサーモフィルス菌は、癌予防にも効果的とされます。
腸に関わる癌の原因としては、悪玉菌から生まれるアミンが挙げられます。
アミンが変異して、発がん性物質であるニトロサアミンになります。
サーモフィルス菌はこの発がん性物質を絡めとって、体外に排出させる作用があるのです。

また善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、整腸する作用も認められています。
乳酸を生成することで腸内を酸性に保ち、アルカリ性を好む悪玉菌が住みにくい環境を作り出します。
悪玉菌を減らして腸内環境を改善することで、便秘や下痢などの症状が改善されます。
また悪玉菌が腸内に増殖している状態だと、毒素が排出されます。
この毒素が栄養と共に肌に供給されることで肌荒れの原因になります。
悪玉菌を減少させることで毒素を絶てるので、乳酸菌は美肌効果も期待できます。

ページのトップへ戻る