乳酸菌の種類と効果

前へ
次へ

乳酸菌ラブレ菌の特徴

乳酸菌の一種であるラブレ菌の特徴を見ていきます。

ラブレ菌は正式には「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」と言います。
1993年に京都のルイ・パスツール医学研究センターの所長である岸田綱太郎さんにより初めて存在が確認されます。
生息を確認したのは、京都の漬物であるすぐき漬けからでした。

ラブレ菌は植物性乳酸菌の一種です。
植物性乳酸菌は、自然の環境の中はもちろん、人工的に作り出した環境にも順応します。
また激しく環境が変化する中でも生息が確認されています。
どういった場所でも住み着けるというのは、それだけ各環境への順応性が高く、タフな乳酸菌であることを証明しています
ラブレ菌はその植物性乳酸菌の中でも、特に強い生命力を持っています。
高濃度の塩分・酸にも強いです。
経口摂取からでも胃酸や胆汁などの消化酵素で滅菌されず、生きたまま腸までたどり着きます。
腸にたどり着いても働きが弱ることはなく、長く腸に留まって整腸や免疫力の向上に効果的に作用します。
腸内に留まって恒常的に大量の乳酸を生成することで、腸を善玉菌が好む酸性の状態に保ち続けます。

また、悪玉菌にはアルカリ性を好んで酸性を嫌う性質があります。
つまり、腸内が常に酸性に保たれることで、善玉菌は増殖して悪玉菌が減少する好環境が生まれるのです。
善玉菌が多いと腸内環境が整えられます。
腸が活発に動くことで蠕動運動が促進され、便秘の解消が望めます。

その他、下痢や腹痛などの腸が原因になっている不調にも、ラブレ菌は効果的に働きかけます。
さらにラブレ菌には、体の免疫力を高める効能もあります。
インターフェロンという物質は、病原菌など、体内に異物を発見すると分泌されるたんぱく質の一種です。
様々な種類の乳酸菌がありますが、ラブレ菌にはこのインターフェロンの分泌を促す働きがあります。
インターフェロンが活発に利用されることで、異物を排除する働きのあるNK細胞も活性化されるので、免疫力の向上が認められます。

ページのトップへ戻る