乳酸菌の種類と効果

前へ
次へ

乳酸菌ブルガリア菌の特徴

乳酸菌一種・ブルガリア菌の特徴を見ていきます。

ブルガリア菌はラクトバチルス属の乳酸菌であり、細くて長い形状を持っています。
発見されたのは1905年、ブルガリアの医学者によるものでした。
このブルガリア菌には、整腸作用が認められています。

ビフィズス菌などと違い、ブルガリア菌は直接腸内に留まることが出来ません。
しかしブルガリア菌が作る乳酸には、腸内を酸性の状態に保つ作用があります。
腸内環境を乱す悪玉菌は酸性の中では生きられないため、自然と数が減り、反比例して善玉菌が増えてきます。
善玉菌が多くなり良い腸内フローラが形成されると、腸の働きが活発になり蠕動運動が促進されて、便秘の解消に繋がります。

また、腸内環境が整うことで栄養素の吸収がスムーズになり、必要な栄養が不足なく身体中に供給されるようになります。
すると身体全体が健康になるので、この乳酸菌を摂取すると免疫力が向上するのです。
また腸内環境が乱れ、悪玉菌が多い状態だと起こりやすい肌荒れも、腸内環境が整えられることで改善されます。
悪玉菌が肌荒れに繋がるのは、悪玉菌が排出する毒素のためです。
この毒素が栄養と共に肌まで届けられることで、吹き出物やくすみが発生するのです。

そもそも毒素を発生させている悪玉菌を減らしてしまえば、肌トラブルは引き起こされません。
またブルガリア菌は、ヨーグルト製造の際のスターターとして利用されます。
スターターとは、ヨーグルトになる牛乳に最初に入れられる種菌のことです。
ブルガリア菌と共に、こちらも乳酸菌であるサーモフィラス菌がスターターとして利用されます。
サーモフィラス菌が出すギ酸を吸収し、ブルガリア菌は増殖を開始します。
そしてブルガリア菌もまた、サーモフィラス菌の増殖に必要な成分を排出するのです。

それぞれに必要な成分を与えあいながら乳酸を精製し、発酵が進んでいくことで、短時間でのヨーグルトの製造が可能になります。
ヨーグルトといえばビフィズス菌やガゼリ菌がイメージされがちですが、基本的には上記の二つを用いる前提で、他の菌も配合されます。

ページのトップへ戻る