乳酸菌の種類と効果

前へ
次へ

乳酸菌ガゼリ菌の特徴

乳酸菌であるガゼリ菌の特徴を見ていきます。

ガゼリ菌は、正式にはラクトバチルス・ガセリという乳酸菌の一種です。
細長い筒状をしており、性質は通性嫌気性菌であるため、酸素(大気)のある場所でも生存できます。

このガゼリ菌には、整腸作用が認められています。
人の腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いていますが、食事の内容やストレスの度合いによって腸内がアルカリ性になると、悪玉菌優位の状態になります。
悪玉菌は毒素を作り出します。
この毒素が栄養素と共に肌に運ばれれば吹き出物やくすみに繋がります。

また毒素が大腸に充満することで、栄養素の吸収が妨げられ、必要な栄養素が体に浸透しきらなくなります。
すると肌荒れや免疫力の低下を招くのです。
さらに悪玉菌の毒素は腸自体も攻撃するので、下痢や大腸がんなど様々な不調や病気の原因になると考えられています。
悪玉菌を減らして善玉菌優位にするには、乳酸菌を腸に届ける必要があります。
乳酸菌は腸内に入ると、精製した乳酸で腸内を酸性にする効果があります。
悪玉菌はアルカリ性の環境を好み、酸性の環境を好まないので、腸内が常に酸性に保たれているとだんだんと数が減っていきます。

しかし乳酸菌は経口摂取をしても、胃酸や胆汁といった強い消化酵素に分解されてしまい、腸に届く前に死滅してしまう可能性が高いです。
そんな中で生きたまま腸に届き、また腸内に長く留まることが確認されているのがガゼリ菌なのです。
もともと人の腸内にいる以外の乳酸菌を、体外から摂取して体内に定着させるのは難しいとされています。

しかしガゼリ菌は、これまでの研究で最大90日間腸内に留まったという報告がなされています。
また腸内に留まったガゼリ菌は、ただ留まるだけでなく、乳酸を生産するなど活発に作用していたのが確認されています。
ガゼリ菌が住み着くことで腸が常に酸性に保たれます。
悪玉菌の増殖を防いで善玉菌の働きや増殖を補助すれば腸内環境が良好になります。

ページのトップへ戻る